お金を人に借りれる人借りることができない人

借金に癖があるのでしょうか?
ずばりあると思います。兄弟がたくさんいると大体借金するタイプとそうでないタイプに分かれているようです。不思議なものですね。

借金癖のあるタイプは大体気軽にお金貸して!と言ってきます。
子供のように悪気なく無邪気で、憎めないタイプが多いようです。
お金もないのに贅沢好みで着道楽。クローゼットにはたくさんの洋服。いいもの好みで人にも太っ腹でよくおごってくれる。大体は例外なしですね。

カードもたくさん持っていて、カードローンも平気で使うようです。
それにリボ。これが曲者。リボで毎月同じ額を払って、また違う商品を買ってまたリボで、となるといつまでたっても支払いが終わらない。
友達はある日これに気付いたようで、よかったね。と言ったところでした。

友達なら近づかなければいいですが、結婚などして身内にこういう人がいると大変ですよね。
なんとか近づかずに避けたいものです。
夫の兄弟とかだと夫がキーマン。かわいそうだからと気軽に貸してやる人と毅然としている人。
うちも例にもれず夫の身内にそういう人がいるのですが、夫が毅然としている人で助かりましたよ。

投稿日:

ギャンブルにハマって借金を繰り返す友人

自分の話ではありませんが、大学時代にパチスロなどのギャンブルにハマり、生活に困窮するレベルまで持ち金を費やす友人がいました。

仮にAとします。
Aには借金癖があり、生活に困ってはよくお金の無心をされました。Aと会って数万円貸し、数日後に生活は大丈夫かと訊ねると「パチンコで使っちゃった」…

これにはさすがにAの家族も呆れているようで、親が金を貸してくれないから私や他の友人に借金をして回っているというわけでした。
Aに貸したお金は返ってくることもあれば、こないこともありました。
私はもう諦めていたので、Aにお金を貸す時はあげたつもりで渡していました。

Aは羽振りの良い時には、私に食事を奢ったりもしてくれましたし、よく遊んだので、当時は突き放すに突き放せないという心情でした。
大学卒業後、別々の道を歩んでからはしばらく連絡をとりませんでしたが、ある日突然電話がかかってきました。

案の定、金の無心でした。
丁重に断り、今では連絡を絶っています。
相変わらずAはお金に困っているのか、ギャンブルを続けているのか、知る由もありません。
【参考】借金整理 相談

投稿日:

お金の悩みは常に尽きない

お金の悩みは常に尽きないものです。私もまた大変悩んでいます。月終りに財布や銀行を見ると溜息が出ます。

で、このままではいけないと、私も何かしなくてはと思い立ちまず始めたのが、アプリの家計簿です。
グーグルプレイで探すと色々出てきますが、そのうちの一つを選び早速つけていく。
一日つけ終わって振り返ると、中々無駄遣いが多くてびっくりしました。

一番の無駄遣いは缶コーヒーを自販機で日に2回、水も一回購入していることが判明。
それ以外にも小腹が空いてコンビニでもスイーツを買っていました。
これをつける前、自分は精々一日1000円くらいで過ごしているだろうと思いきや、色々計算してみるとあっさりオーバー。愕然としますね。

早速その日から水筒を持参したり、腹持ちが良いものを弁当に入れ込んだりして、月末苦しまない対策をし始めました。
ただ勿論0にはなりません。
ですが、不必要な出費を削ることにより、財政的にスリムになる事で徐々に改善されると思いますので、皆様一緒に悩んで打開策を見つけていきましょう。

投稿日:

物欲と金欲どっちもどっち

お金はいくらあっても困りません。
しかし、われわれサラリーマンにとっては、限られた収入、お金の中でいかに人生を満足できるように生活するかが悩みとなります。

欲しいものとお金の均衡はいつもアンバランスです。
物欲が勝つか理性が勝つか、自己の中でいつも葛藤しています。

物欲が勝つときは、クレジットカードを使用し後払いで欲しいものを手に入れます。
しかし、後々の支払いで、後悔することもしばしばあります。
つまり、クレジットで支払いを済ませた気になっているため、サラリーが決済によって減ることに絶大なる後悔がおそってきます。

一方、理性が勝利してしまうと、帰宅後、自分の髪の毛の先をお店に置いているのかと思うぐらい、後ろ髪が引きずり回され、勝っておけば良かったという後悔に悩まされます。
「あ~あ何にも気兼ねすることなく買い物できるお金が欲しい」と毎日すごしています。
まあ、いつかはそのような状態になりたいと、NISAや貯蓄型の保険に加入しています。

投稿日: